2020年1月14日の【ウィンドウズ7(OS)サポート終了】について

業界ナンバーワン! 中古PC年間100万台取扱い
4GB→8GBへのメモリ増設可能!通常+8,800円のところ期間中なんと+5,990円!
4GB→8GBへのメモリ増設可能!通常+8,800円のところ期間中なんと+5,990円!
激安中古パソコン
激安中古パソコン

全商品対象ポイント3倍セール実施中!!9/30(月)17:59まで

掲載中の全PC、Win10搭載。 ※Apple製品除く

中古ノートパソコンや中古デスクトップパソコンを2台以上ご注文で特別割引実施中!! 2020年1月14日、ウィンドウズ7のサポートが終了 何が起こるか、すぐに確認する パソコンの2大リスクを完全サポート!
中古パソコン直販で買うべき6つの安心理由 中古パソコン直販は2台以上ご注文で特別割引実施中
2020年1月14日の【ウィンドウズ7(OS)サポート終了】に関する記事

Windows7サポート終了

緊急レポート! もしサポート切れのOSを使い続けたら?
2020年1月14日以降Windows7いける?

「2020年1月14日、ウィンドウズ7のサポート終了」…知ってはいるけど、

「(過去の経験から)変えなくても大丈夫な気がする…」
「今の環境で不具合がでてきたらぼちぼちウィンドウズ10にしよう…」
「日々の業務や生活に追われて後回しになっている…」
「バックアップなど手順が煩雑で見て見ぬふりをしている…」

などの理由で、今なおウィンドウズ7を使われている方が大勢いらっしゃいます。

そこで、もしサポートの切れたウィンドウズ7を使い続けた場合、一体どんなことが起きるのか??初心者の方でも分かるようにまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.今さら聞けない「そもそもOSサポートって何?」

マイクロソフト製品のOSウィンドウズ7は、発売後、最低5年間の①メインストリームサポートと、最低5年間の②延長サポートが提供されてきました。
メインストリームサポートでは、セキュリティ更新プログラム、仕様変更や新機能の追加、セキュリティ関連以外の更新プログラムなど幅広いサポートが提供されていました。

【Windows7のサポート概要】

サポート内容・期間

①メインストリーム
サポート~2015年1月13日

②延長
サポート~2020年1月14日

③サポート
終了2020年1月15日~

セキュリティ更新プログラム

×

仕様変更、新機能追加

×

×

セキュリティ関連以外の更新プログラム

×

×

①のメインストリームサポート提供期間中は、マルウェア(ウィルスなどの不正プログラム)の脅威に対抗するセキュリティ更新プログラムをはじめ、より快適にOSを作動させるための仕様変更や新機能の追加も行われていました。
現在、ウィンドウズ7は②の延長サポート期間で、外部からの脅威に対する脆弱性対策のセキュリティ更新プログラムのみが提供されている状態です。
一般的に、延長サポート期間は次のOS環境に移行するための「猶予期間」と位置付けられていて、今はまさにその期間に相当します。
③延長サポート終了後はメーカーからの全ての更新プログラムの提供がストップし、有償・無償のメーカーサポートも受けられなくなってしまいます。

2.サポート終了後のパソコンを使い続けると何が起こる?
セキュリティが崩壊する

サポートが終わり、セキュリティ更新プログラムの提供が止まった状態。
これを家に例えると、鍵がかからず、監視もメンテナンスもされていないようなもの。
セキュリティが脆弱な状態なので、悪意ある不正なプログラムの危機にさらされることになります。
時間が経つにつれ、新たな不正プログラムに対応できず、脆弱性が高まっていきます。
また、それらの不正なプログラム等は侵入しやすいところを優先的・集中的に狙ってきます。
つまり、今まで以上の激しい攻撃の脅威に対し、ノーガード状態でさらされることになるのです。

2020年1月15日以降は…
被害者どころか加害者にも…

「不正なプログラムに侵入されると、金銭的な被害やプライバシー侵害を受けてしまう」…と、自分が被害に遭うことばかりに目が行きがちですが、加害者になってしまうリスクも考えておかなければいけません。

自分になりすました誰かが知らないうちに詐欺メールをばらまいていた。
顧客リストにアクセスされ大量の個人情報が漏えいしてしまった。

もちろん自身は潔白で、憎むべきはその犯人なのですが、ご存知の通り昨今では、侵入された側の「セキュリティ意識の低さ」の方がクローズアップされ、時には主犯者のように扱われることもあります。

マルウェアへの感染や未知のウイルスの脅威。フィッシング詐欺やなりすましの被害。個人情報等の情報漏えい。
各種ソフトウェアやWEBサービス、周辺機器の動作保証がなくなる

「よく使っていたスマホのアプリがOSのアップデートをきっかけに使えなくなってしまった・・・」
そんな経験ありませんか?
今使っているソフトウェアやオンラインサービス、周辺機器などは徐々に古いOSでの動作を保証しなくなっていきます。
これらは機能追加、ウィルス対策、バグの修正などで日々アップデートされていきますが新しいOSでの動作を前提としていることが多く、古いOSだと「レイアウト表示が崩れる」「使えていた機能が一部使えなくなる」などの不具合が生じ、最悪の場合「まったく使えなくなる」こともあり得ます。
アップデートのタイミングや動作保証レベルは各メーカーごとに異なるため、いつ、どのソフトや周辺機器が使えなくなるかは分かりません。

▼主なソフトウェア・WEBサービスの一例

  • 検索エンジン

    ・Google
    ・Yahoo!JAPAN
    ・bing など

    検索エンジン
  • WEBブラウザ

    ・Internet Explorer
    ・Google Chrome
    ・FireFox
    ・safari など

    WEBブラウザ
  • WEBメール・メールソフト

    ・Microsoft Outlook
    ・Gmail
    ・Yahoo!メール
    ・Thunderbird など

    WEBメール・メールソフト
  • クラウドストレージ(データ保存サービス)

    ・Dropbox
    ・Googleドライブ
    ・icloud など

    クラウドストレージ(データ保存サービス)
  • オフィスソフト

    ・Microsoft Office
    ・WPS Office
    ・Libre Office
    ・Open Office など

    オフィスソフト
  • 営業管理システム

    ・セールスフォース
    ・eセールスマネージャー
    ・サンサン など

    営業管理システム
  • ネットバンキング

    ・楽天銀行
    ・セブン銀行
    ・各金融機関のサービス

    ネットバンキング
  • 財務・会計ソフト

    ・弥生シリーズ
    ・大臣シリーズ
    ・勘定奉行 など

    財務・会計ソフト
  • 動画/音楽再生ソフト

    ・Youtube
    ・iTunes
    ・Media Player
    ・QuickTime など

    動画/音楽再生ソフト
  • クリエイティブ・製図等

    ・Adobe CC
    ・Final Cut Pro
    ・AutoCAD
    ・VectorWorks など

    クリエイティブ・製図等
  • 素材ダウンロード(画像・映像・音声)

    ・PIXTA
    ・アマナイメージズ
    ・Shutterstock など

    素材ダウンロード(画像・映像・音声)
3.どうすれば安心のPC環境を維持できる?
結論。サポート切れOSはオススメできません。

上記から、サポートの切れたOSを使い続けることは、自分自身が困るだけでなく、周囲に迷惑をかけてしまう恐れもあるので、とてもオススメはできません。
ちなみに当店のお客様から「ウィンドウズ7は扱ってないんですか?」というご質問・ご要望を多々頂きますが、中古パソコン直販では現在、ウィンドウズ10以外のOSがインストールされたパソコンは一切販売していません。

ウィンドウズ7のサポート終了日は、2020年1月14日。
データの引継ぎや各種ソフトウェアの動作チェックなども見越して、なるべく余裕を持ったウィンドウズ10環境への切り替えをオススメします。

最新OSWindows10なら中古パソコン直販
  • 理由1 取扱いパソコン全て※Windows10搭載
  • 理由2 管理・拡張性に優れたPro・64bit版搭載
  • 理由3 Microsoft社認定の正規OSのみ取扱い

    ※Apple社製品を除く

初心者でも安心して使えるパソコンをお選び頂けます。
中古ノートパソコン 中古デスクトップパソコン
閉じる
開く
このページの上に戻る
比較中リストは空です
比較表でパソコンを見る
カゴの中身は空です